音楽千夜一夜物語 第三夜 "Hearts"(1981) / Marty Balin

Posted on

Marty Balin - Hearts

邦題は「ハート悲しく」。 ううーん、時代ですね。


この前、バーで”AOR Night(仮)“でDJしてきたんです。

DJ陣は、マジで知識豊富な人達ばかりだったので、マニアックな曲を教えてもらったり、私の選曲に唸ったり(えっへん)、大変楽しゅうございました。

でも、カウンターに、一般のお客さんがいたので、私は、少々躊躇しながらも、この曲をかけました。

すると、お客さん(男性二人、女性一人)は、直ぐにその当時の思い出話を始めたんです。 この曲は1981年作品ですから、もう30数年以上前の曲なのですが、イントロだけで、当時に引き戻すことができる1、これが音楽の力なのです。

今の感覚だと、あんまカッコイイ曲でないし…、と言うか正直、かなりベタなので、かけるのは少々、と言うか、かなり躊躇しますね。 「お前のセンスでは、これがカッコイイと思ったのか?」と思われるのもツラいですし…。

でも、DJしてると、かけてよかったと思う時もあるのです。


ちなみに、そのお客さんらが帰る時、私に声を掛けて下さって。

「あなたみたいな人、こんな曲知ってるの?まだ若いでしょう?」

そう、AORとかかけるDJにおいて、私の年齢は、全くもって若いのです!!2


  1. 多分青春時代だったのでしょうね [return]
  2. 2015/04/30 に書いた文章に加筆訂正しました。 [return]